心ふるえる競馬がみたい

馬券は下手だけど、競馬が大好きなんです。
哀れで痛々しい馬券をほぼ毎週公開!
コメント・相互リンクは大歓迎です!

加齢臭にお困りの方へ!【薬用柿渋石鹸】

人気コミックを全巻セット販売「全巻漫画.com」

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
ディープスカイ引退

2008年のダービー馬でディープスカイ左前浅屈腱炎のため引退するとのこと。

3歳時にダイワスカーレットやウオッカに勝てないまでも好勝負を演じて、古馬になってからの活躍に期待したものの大阪杯2着、安田記念2着、宝塚記念3着と未勝利。

春は結果を残せなかったけど、秋こそは強いダービー馬の姿を見せてくれると期待していたのに…


非常に残念です。


屈腱炎なので競走能力が元に戻る可能性は低いだろうし、レースに使うことで最悪の結果を招くかもしれないので馬の事を思えば賢明な選択でしょう。


でもこの選択により、地に堕ちたダービー馬の威信を取り戻す機会はもう無い。


復活を期待したい気持ちは大いにあるけれど、父は6月22日に急性心不全のため死亡したアグネスタキオン。

現時点ではアグネスタキオン産駒で唯一のダービー馬なので種牡馬として優秀な仔をターフに送り込んでくれる事を願いたいです。

| comments(1) | - | 競馬 | TOP↑ |
「きさらぎ賞」〜君は本物か

ほとんど追うことすらなく後続を突き放す一方の圧勝劇。

つけた着差は8馬身。

しかも上がりは34秒3。

まともに追えばどれだけ走るんだと思ってしまいます。

新馬戦の内容に加え、父は大好きだったマヤノトップガン


もう夢を見ずにはいられません。


2戦目の今回は重賞挑戦。

敵も一気に強化されるが、あの馬を超えるのではと思わせてくれるような圧倒的な強さで、単なる通過点としてくれる事に期待です。



オーシャンエイプス 牡3歳/鹿毛/1戦1勝

父:マヤノトップガン 母:リターンキャスト 母父:ノーザンテースト

2004年3月19日生 浦河産 石坂正厩舎


■京都11R第47回 きさらぎ賞(G掘

サラ系3歳 (混合)(特指)オープン 別定 芝・右・外 1800m

馬 名 性齢 斤量
 アサクサキングス 牡3 56.0
 アドマイヤヘッド 牡3 56.0
 オーシャンエイプス 牡3 56.0
 オーシャンクルーズ 牡3 56.0
 オーソリティバイオ 牡3 56.0
 オートドラゴン 牡3 56.0
 クリノアドベンチャ 牡3 56.0
 サムライタイガース 牡3 56.0
 ディープスピリット 牡3 56.0
 ナムラマース 牡3 57.0
 プレーザヒーロー 牡3 56.0
 マルカラボンバ 牡3 56.0
 ラードロランダム 牡3 56.0
 リンリンリン 牡3 56.0
 ワンダースティーヴ 牡3 56.0


過去の優勝馬にはスペシャルウィーク、ナリタトップロード、ネオユニヴァースなどダービー馬や菊花賞馬の名も刻まれているきさらぎ賞。

クラシックの前哨戦といえば弥生賞というイメージが強いが、きさらぎ賞も前哨戦としては重要なレースとも思えるので今年はどのようなレースが見られるのか非常に楽しみです。



【前年結果】

馬  名 性齢 重量 騎 手 タイム 着差 人気
1 1 1 ドリームパスポート 牡3 56.0 安藤勝己 1.47.4 - 2
2 6 7 メイショウサムソン 牡3 57.0 石橋守 1.47.5 1/2 1
3 4 4 マイネルスケルツィ 牡3 56.0 安部幸夫 1.47.6 1/2 7


ドリームパスポートが後の2冠馬メイショウサムソンを1/2馬身抑えて優勝。
アドマイヤメインも出ていて、今思うと豪華メンバーのきさらぎ賞でした。
| comments(1) | - | 競馬 | TOP↑ |
「根岸S」〜上位3頭再び

去年の1〜3着馬に加え、東京ダート1400mのレコードを持つシーキングザベスト、好調ボードスウィーパーも参戦してきて面白そうな1戦。

シーキングザベストが速さで押し切るのか、前年覇者のリミットレスビッドがそれをとらえるかが見どころ?



■中山11R 第21回 根岸ステークス(G掘

サラ系4歳以上 オープン (国際)[指定] 別定 1400m ダート・左 16頭

馬 名 性齢 重量 騎 手
1 1  トウショウギア 牡7 56.0 吉田 豊
1 2  ヒカルウイッシュ 牡5 56.0 後藤 浩輝
2 3  ヒシハイグレード 牡4 55.0 後藤浩輝
2 4  セレスダイナミック 牡4 55.0 吉田 隼人
3 5  ダイワバンディット 牡6 56.0 北村 宏司
3 6  ボードスウィーパー 牡6 56.0 秋山 真一郎
4 7  タイキエニグマ 牡6 56.0 武 豊
4 8  オフィサー 牡5 56.0 横山 典弘
5 9  リミットレスビッド 牡8 58.0 蛯名 正義
5 10  ビッググラス 牡6 56.0 村田 一誠
6 11  スナークファルコン 牡5 56.0 石橋 脩
6 12  シーキングザベスト 牡6 57.0 福永 祐一
7 13  マルカフレンチ 牡5 56.0 O.ペリエ
7 14  ニホンピロサート 牡9 56.0 勝浦 正樹
8 15  インセンティブガイ 牡6 56.0 四位 洋文
8 16  アルドラゴン 牡6 56.0 長谷川 浩大



■気になる馬

リミットレスビッド 牡8歳/栗毛/33戦10勝

父:サンデーサイレンス 母:エリザベスローズ 母父:ノーザンテースト

年齢を感じさせない近走の成績。
前走も59kgを背負ってのもので、負けて強しの内容だったのでは。
今回は別定戦で斤量も1kg減るので崩れるとは考え難い存在だが、使い詰めなのが少々気になります。


シーキングザベスト 牡6歳/黒鹿毛/18戦8勝

父:シーキングザゴールド 母:マッキー 母父:サマースコール

8割を超える連対率、ダート1400mで6勝、府中は無敗という驚異の実績から考えると鉄板なのでしょう。
しかし、これだけの成績を残しながらも圧倒的な強さをそれほど感じない自分は少し変なのでしょうか?
配当面からも敢えて逆らってみたくなってしまいます。


トウショウギア 牡7歳/鹿毛/28戦9勝

父:オジジアン 母:ターナートウショウ 母父:ナイスダンサー

左周りが大好きな去年の3着馬。
近走が案外な成績なのでピークを過ぎた感もあるが、上手く先手を取って気分良く走ることが出来れば一発もと少し思ってしまいます。


ボードスウィーパー 牡6歳/鹿毛/36戦7勝

父:エンドスウィープ 母:マキシマムデニール 母父:ノーザンテースト

長らく条件馬だったけど1600万を勝ち上がってからはどうしたのかと思うくらいの充実ぶり。
前走は僅差で負けてしまったが、その前の霜月ステークス(東京ダート1400m)で3馬身差をつけた差脚は強力。
流れが向けばまとめて面倒見てしまいそうです。


タイキエニグマ 牡6歳/芦毛/22戦7勝

父:ルビアノ 母:サーテンシークレット 母父:ノウンファクト

出遅れも多く真面目に走らないイメージがあるが、前走は積極的な競馬で好走。
今回は鞍上が武豊騎手と言う幸運もあるので、ゲートさえまともに出てくれればこの馬の最大能力を見られるかもと期待してしまいます。


他ではオフィサー、インセンティブガイも気になります。


■前年結果

馬  名 性齢 重量 騎 手 タイム 着差 人気
1 4 7 リミットレスビッド 牡7 57.0 内田博幸 1.23.7 - 6
2 6 12 タイキエニグマ 牡5 56.0 柴田善臣 1.24.0 2 3
3 2 3 トウショウギア 牡6 56.0 田中勝春 1.24.0 クビ 4


リミットレスビッドが2馬身差の完勝。
2着は後方からタイキエニグマと去年は差し馬が活躍でした。
| comments(0) | - | 競馬 | TOP↑ |
「アメリカJCC」〜ついに荒れるか

1月の重賞なので荒れるかと思いきや意外と上位人気馬が好走しているアメリカJCC。

別定戦と言うのもあるかもしれないけど、春は厳しいと思える馬達がここを目標にしてるからでしょうか。

休み明けの実績馬よりも順調に使ってきている馬を信頼してみたくなりますが…



■中山11R 第48回 アメリカジョッキーC(G供

サラ系4歳以上 オープン (国際)[指定] 別定 2200m 芝・右 10頭

馬 名 性齢 重量 騎 手
1 1  チェストウイング 牡6 57.0 吉田隼人
2 2  グラスポジション 牡8 57.0 蛯名正義
3 3  インテレット 牡4 56.0 後藤浩輝
4 4  インティライミ 牡5 57.0 柴田善臣
5 5  マツリダゴッホ 牡4 56.0 横山典弘
6 6  ラッキーブレイク 牡6 57.0 田中勝春
7 7  シルクネクサス 牡5 57.0 松岡正海
7 8  フサイチアウステル 牡5 57.0 柴山雄一
8 9  ジャリスコライト 牡4 56.0 北村宏司
8 10  エアセレソン 牡7 57.0 四位洋文



■気になる馬

インティライミ 牡5歳/黒鹿毛/11戦3勝

父:スペシャルウィーク 母:アンデスレディー 母父:ノーザンテースト


去年の秋はなかなか結果を出せずにいたが、12月の中日新聞杯は2着と久々の好走。
G靴覆里任海里らい走って当然かもしれないが勝てなかったのがやや不満。
今回はG兇世韻匹修譴曚俵そうな実績馬もいないので別定戦のここは勝ち負けでしょうか。


マツリダゴッホ 牡4歳/鹿毛/9戦4勝

父:サンデーサイレンス 母:ペイパーレイン 母父:Bel Bolide

9戦4勝と高い勝率。

しかも去年の夏からは4戦2勝2着1回、馬券に絡めなかったセントライト記念は落馬なので参考外とすればかなり力を付けてきている印象。
中山コースも得意だし、今回も横山騎手なので好勝負になりそう。


ジャリスコライト 牡4歳/栗毛/6戦3勝

父:ファンタスティックライト 母:チャンシースクウォー 母父:チーフズクラウン

去年の東京優駿に唯一出走できた関東馬。
その東京優駿で14着大敗後、長い休みに入っていたがついに始動。
長期の休み明けなのでどのような状態なのかは不安だけど新馬、オープンと連勝した素質馬なので好走して欲しい一頭。



上記の3頭が強そうだけど、キャリア豊富なシルクネクサス、そろそろ走りそうなインテレット、休み明けだけど去年の2着馬フサイチアウステルなども気になります。


■前年結果

馬  名 性齢 重量 騎 手 タイム 着差 人気
1 7 7 シルクフェイマス 牡7 58.0 柴田善臣 2.13.2 - 5
2 4 4 フサイチアウステル 牡4 56.0 藤田伸二 2.13.2 クビ 2
3 8 10 ハイアーゲーム 牡5 57.0 内田博幸 2.13.5 2 4


1番人気のグラスボンバーは4着と馬券に絡めなかったが、上位人気で掲示板を独占でした。
| comments(0) | - | 競馬 | TOP↑ |
「日経新春杯」〜連覇かそれとも

去年の覇者アドマイヤフジが連覇を狙い登場。

クラシックでもそれなりに好走した実力馬なのでディープインパクトがいなくなった古馬戦線を盛り上げるためにもここを勝利で飾れるかに注目してみたい一戦。

一方では出世は遅れたが、今年一気に飛躍しそうな馬が現れてくれる事にも期待です。


■京都11R 第54回 日経新春杯(G供

サラ系4歳以上 オープン (国際)[指定] ハンデ 芝2400m 外 12頭

馬 名 性齢 重量 騎 手
1 1  オースミグラスワン 牡5 56.5 四位洋文
2 2  ウインレガート 牡8 51.0 川田将雅
3 3  トウカイワイルド 牡5 54.0 安藤勝己
4 4  サイレントディール 牡7 56.0 和田竜二
5 5  ダークメッセージ 牡4 50.0 酒井学
5 6  ジャッキーテースト 牝6 50.0 川島信二
6 7  ワイアットアープ 牡7 49.0 畑端省吾
6 8  トウカイエリート 牡7 54.0 赤木高太郎
7 9  アドマイヤフジ 牡5 57.5 福永祐一
7 10  メイショウオウテ 牡5 55.0 岩田康誠
8 11  ダンツジャッジ 牡8 55.0 熊沢重文
8 12  マキハタサイボーグ セン5 52.0 四位 洋文



■気になる馬

アドマイヤフジ 牡5歳/黒鹿毛/13戦4勝

父:アドマイヤベガ 母:アドマイヤラピス 母父:Be My Guest

長期休養明けでの有馬記念が8着。
ブランクと相手関係を考慮すれば上々の内容だったのでは。

一叩きされた今回は相手も格段に弱くなるし、このレースを去年勝っているので今年も勝ち負けが期待できそうな1頭。
ただ、去年は55.0kgだったが、今年は57.5kgと2.5kgも増量なので、このハンデをどう考えるかがポイントでしょうか。


トウカイエリート 牡7歳/黒鹿毛/29戦6勝

父:サンデーサイレンス 母:トウカイナチュラル 母父:ナイスダンサー

1000万を勝った後の1600万で2着、1着と今更ながらの本格化を臭わてくれます。
今回も同じく赤木騎手だし54.0kgのハンデを活かせば、ここでも好勝負に持ち込めるかもと思いたくなる存在です。


オースミグラスワン 牡5歳/栗毛/16戦5勝

父:グラスワンダー 母:ホッコーオウカ 母父:リンドシェーバー

前走は雨に泣かされたのか17着と大敗してしまったが、新潟大賞典勝ちの実績もあるのでまだ見限れない存在。
ハンデの56.5は少し背負わされた気もするが、四位騎手は過去5年で3勝とこのレース得意にしてるので上位争いも十分可能なのでは。



その他では2400m〜2500mを中心に使っているトウカイワイルド 、近走は負けても大崩れしない50.0kgが魅力のジャッキーテーストも気になります。



■前年結果

馬  名 性齢 重量 騎 手 タイム 着差 人気
1 4 4 アドマイヤフジ 牡4 55.0 福永祐一 2.26.3 - 2
2 8 11 スウィフトカレント 牡5 54.0 岩田康誠 2.26.3 アタマ 6
3 5 5 インティライミ 牡4 56.5 佐藤哲三 2.26.4 クビ 1

| comments(0) | - | 競馬 | TOP↑ |